離乳食情報

【レンジでおかゆ】リッチェル 離乳食シリコンスチーマー

なみ
こんにちは☆管理栄養士のなみです

今回は、リッチェルの「離乳食シリコンスチーマー」を紹介したいと思います。

レンジでおかゆ系はたくさんあって悩みますよね。

少しでも参考になれば嬉しいです^ ^

 

簡単に私の自己紹介を簡単にさせてください。

メモ

・6年間市役所の管理栄養士として勤務(現在は退職してフリーに)

・乳幼児健診や離乳食相談の経験有り(約3000人以上)

・1児の母

 

 

基本情報

中身はこんな感じです。

  • オレンジのシリコン製の容器
  • 黄色のクッキングプレート
  • 透明なフタ
  • 有能なスプーン

特徴を紹介します。(リッチェルのHPより引用)

特徴

  1. じっくり加熱 シリコーンの保温力
  2. 水分コントロール 土鍋に近い対流
  3. ゆでないから栄養を逃さない

値段:2,200円(税込)

作れるお粥:10・7・5倍粥・軟飯・普通ご飯

お粥を作る時間:約25分!(私調べ)

お米とご飯の両方からお粥が作れる!

おかずも作れます!

 

お値段少し高めですが、10倍粥から普通のご飯まで炊けるし、おかずも作れてしかもシリコン!

機能性もしっかりあるので納得の値段だと感じます。

おかずは本体とプレートにのせて2段調理ができます。

シリコンスチーマーみたいですね。

 

お粥を作る時間、ちょっと長いと感じますか?いや!お鍋で作ると倍以上かかります!笑とても早いです!

 

本体は土鍋っぽい形で、収納するときは薄く畳むことができます。

離乳食グッズって収納に困るから、これは嬉しい!!

そしてシリコンは保温性もあるのでご飯やおかずも美味しく作れると思います^ ^

実際シリコンとプラスチック性のお粥クッカーで比較しましたが、大きな味の違いは分からなかったです(笑)

でも柔らかさはシリコンの方があって、しっかり中まで炊けている感じがしました。

 

 

実際に10倍粥を作ってみた

 

説明書を見ながら、10倍粥をスプーン1杯分作ってみます!

付属のスプーンにご飯すりきり1杯入れます。

 

水を下の線まで入れ、ご飯がバラバラになるまでよく混ぜます。

 

黄色いクッキングプレートとフタを閉めます。

閉めたら、600Wで4分→200W(もしくは解凍)で6分加熱します。

その後レンジに入れたまま12分蒸らします。

出来上がりです♪

 

粒を潰したい時は、このままスプーンを使ってグリグリまぜまぜと潰すだけです。

持ち手があるので持ちやすくなっています。

深めの容器なので手につくこともないです。

容器の底にも、スプーンにもブツブツ加工(エンボス加工)がされているので混ぜやすいです。

そして本体がシリコンなので、混ぜている時滑りにくい!これがとても良かったです!

こんな感じに綺麗に粒が潰れます。

しっかり芯まで柔らかく炊けているから早いのもあるかもしれません^ ^

 

良い点・悪い点

良い点

  • 鍋や炊飯器で作るより時短
  • シリコン素材なので潰しやすい
  • おかずも調理できる
  • 普通のご飯も作れるから長く使える
  • たたんで収納できる

シリコンだからこその特徴やメリットが大きいですね。

 

悪い点

  • 値段が高い(2,000円以上かぁ)
  • リッチェルのもう一つの商品↓より作るのに時間がかかる(+7分)

以上!

 

まとめ

少し値段は高いですが、値段相応の機能と働きをしてくれます。

もちろん安いお粥クッカーは他にもありますが、これには離乳食作りのちょっとしたストレスが無いです。

例えば、

  • 容器が深いので、粒を潰す時に手にベタベタつかない
  • シリコンなので、混ぜる時にグラグラしない(逆に遠心力を吸収してくれる感じ)
  • コンパクトになり収納が嬉しい

などです。

すごく考えられているなあと感じます。

 

お粥以外にもおかずも作れるのもポイント高いですね!

離乳食が終わった後も普通にシリコンスチーマーとしても使えそうですね。

 

離乳食作りが楽になる商品だと思います^ ^

ぜひ参考にしてみてください。

 

-離乳食情報

Copyright© フリーランス管理栄養士なみのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.