離乳食情報

初めての離乳食本大人気2冊を比較!

なみ
こんにちは☆管理栄養士のなみです

今回は、大人気の離乳食入門本の2冊を徹底比較したいと思います。

初めての離乳食。どの本で勉強したらいいか悩みますよね。本屋さんで選ぶ時間もないし、選び方も分からない。

そんな方に少しでも参考になればと思います。

 

簡単に私の自己紹介を簡単にさせてください。

メモ

・6年間市役所の管理栄養士として勤務(現在は退職してフリーに)

・乳幼児健診や離乳食相談の経験有り(約3000人以上)

・1児の母でもある

 

 

今回比較するのはこちら!

 

どちらも大人気で、インスタ等でもよく見かけます。

では、実際どちらの本が良いのか!内容はどう違うのか!徹底比較していきたいと思います!

 

「はじめてママ&パパの離乳食」

値段

1,300円(+税)

 

読みやすさ

結構この本分厚いです。

読みやすさはというと、、、文字多い!!!

読んでみると分かりますが、昔っぽく文字が多く、デザインも少し古い感じがします。

離乳食初めての方は、離乳食をあげる理由とか、進め方とか、基本をしっかり知りたい方が多いと思います。

つまり、勉強熱心な方が多いと思いますが、さすがにこの文字の量は多いかなという印象です。

 

アレルギー

みんな気になるアレルギーについての情報は少ないです。

本当に基本的なことが書かれてある程度です。

 

レシピ

本の後半には、レシピ(314品も載っています。

レシピはとても見やすいです。見やすさ・レイアウトで言ったらこっちの方が良いかな。

内容にに関してはどちらも遜色ない感じです!

 

 

 

「初めての離乳食 新百科」

値段

1,400円(+税)

 

読みやすさ

めちゃくちゃ読みやすい!

レイアウトもおしゃれだし、文字と写真もバランスもとてもいい!

本自体も分厚くないのも地味に嬉しいポイント。

 

アレルギー

すごく詳しく書かれています。

どんな症状が出るとか、時間など、みんなが知りたい情報が書かれています。

アレルギーの情報って意外と詳しく書かれていない本が多いのですが、これは具体的で分かりやすいです。

 

レシピ

この本にも後半にレシピ(333品)が載っています。

レシピの見やすさついては、どちらかというと最初に紹介した「初めてママ&パパの離乳食」の方が見やすい印象です。

 

先程も言いましたが、どちらもレシピ量も豊富で、月齢ごとの量や大きさなど分かりやすく書かれています。

 

まとめてみた

 

結論

結論、私がおすすめするのは「初めての離乳食新百科」です!

やっぱり読みやすいのが一番だと思います。

「初めての離乳食新百科」の方が断然読みやすく、見やすいです。

しかも薄い!簡潔にまとめられている感じがします。それでいてレシピは豊富!

友達や姉にもこちらを勧めています^ ^

 

ぜひ参考になればと思います。

 

-離乳食情報

Copyright© フリーランス管理栄養士なみのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.